2018 J2第24節 愛媛-岡山 @ニンスタ

先週に続くホーム。暑い。熱い。

スタメン

神谷
丹羽              近藤
野澤    禹  
田中
前野    西岡  林堂    小池

岡本

新加入の禹相皓はいきなりのスタメン。
そして、明らかにいつもと形が違う。4-3-3あるいは4-1-4-1。どっちというべきか。
守備時は貴司が最終ラインまで下がって5バックのような形になったり。
何より神谷のCF起用が注目だ。

結果
愛媛 2-0 岡山

得点
3分 野澤(愛媛)
69分 近藤(愛媛)

早い時間に先制。貴司がかなり長い距離をドリブルで持ち込みスルーパス。野澤が受けてループ気味にシュート。クロスバーに当たるもそのままゴール。見事なカウンターであった。
前半はほぼ愛媛が主導権を握るも、後半途中からはかなり岡山へ。セカンドが全然拾えなくなる。
そんな流れの中でも追加点が取れたのが大きかった。神谷が強引に中央ドリブル突破しシュート。GKが弾いたこぼれ球を貴司が押し込む。
押し込まれる時間帯もあったが岡本を中心に守り切る。

現時点では今季のベストゲームだろうな。
前節のサンドバッグ状態で勝ったのとは訳が違う。
ただし、厳密には良かったのは後半途中までだが。

今季初の3連勝。そして今季初の2点差勝利。そもそも2点リードしたのも今季初。2点取ったのがまだ2度めだしね。


次節はアウェイ、大分戦。
平日なのでさすがに行けない。大分しばらく行ってない気がするなー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック