テーマ:音楽

SEVENTH HEAVEN / X.Y.Z.→A

4月にリリースされたX.Y.Z.→Aの3年ぶりの新譜。 ウチの方では何処にも置いてなくて、GWに上京した時に購入。なので聴いたのはひと月ほど前ということになるのだが、それ以来ほぼ毎日聴いているほどにお気に入り。 個人的には、今までのX.Y.Z.→Aの中での一番は、アルバムは3rd「LIFE」、曲だと4thに収録されてる「Go O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行き着く先は

ギター練習の供として、メトロノームだのリズムマシンだのいろいろ使ってきたのだが、最終的に行き着いたのはシーケンサーだった。 YAMAHA QY70。当然中古@ハドオフ。 元々こっち方面に明るくないため、操作とか難しそうで敬遠していたのだが、いろいろあって購入に踏み切った。 Macでいいじゃん、と思われる方も多いだろう。私もそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チルボドを聴く

チルボドことChildren Of Bodom。「メロディック・デスメタル」と区分される北欧出身バンド。 以前から気になってはいたもののなかなか手が出せなかったのだが、先日ベスト盤「Holiday at Lake Bodom」がリリースされたというので、買って聴いてみた。 前に書いたように「まずはベスト盤でお試し」というやつだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANIMETAL USA W

デビュー(?)から半年余、早くも2作目である。3作目はあるのか? 聴いた感想としては、基本的には前作と同じかな。 曲によっては面白かったり、強引だなーとか思ったり。 レイアースとラウドネスの融合とか、もはや笑うしかない。 今回は、元曲を知らないのとかあって(ワンピースの歌とか知らんよ)、それはそれで何の違和感もなく聴けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GENUINE DIAMOND / SHOW-YA

SHOW-YAの新譜。やっと入手できた(リリースは7日)。 市内ではどこ探しても見つからず、先週新居浜のタワレコ行ってもなくて、今日松山のDUKEでやっとお目にかかれた。長かったぜ。 早速聴く。 オリジナルメンバーでは22年ぶりのアルバムということで、どう変わったのか、あるいはどう変わっていないのか、などといろいろ思うところは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第11回)

11.そして現在(’06年頃~) 今治に戻ってから新たに聴き始めたものというと、ARCH ENEMYと地獄カルテットくらいか。 ARCH ENEMYはSyuの洋楽カヴァー盤で「Silverwing」を聴いたのがきっかけ。 地獄カルテットは聖飢魔IIトリビュート盤に参加してたのがきっかけ。 あとは強いて挙げればANIMET…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第10回)

10.宇都宮末期(’03~’05年頃) ウチのCDラックを眺めてみると、まだ名前が出てきてないアーティストは…実はもうかなり少ない。 この辺からは新規開拓が少ないということか。 まずはデスマーチ艦隊。この時点で既に解散している。 GASTUNKのトリビュート盤で聴いたのが最初で、その後ベスト盤→オリジナルアルバムへ。なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第9回)

9.宇都宮中期(’00~’02年頃) この時期は懐古的にいろいろ聴いた。 まずは、ある意味旬ではあったのだがLOUDNESS。前にも書いたように一時期聴いていたが離れてしまっていた。 ちょうどオリジナルメンバー最集結のときで、まずベスト盤から入って、ニイちゃん在籍時のアルバムを揃えた。それから第二期のもの、最後に所謂「三部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第8回)

8.地元で自堕落~宇都宮初期(’97~’99年頃) この時期に聴きまくったのはANIMETAL。私の音楽史?におけるかなり重要なピースである。 坂本英三のソロプロジェクトとして登場したときはそれほど興味を持ってなかったのだが、2ndシングルで屍忌蛇が参加する(かつバンドの形態をとる)と聴いて飛びついた。 そのままの流れでANI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第7回)

7.伊予三島時代(’94~’96年頃) 個人的に明暗の激しい時期だった(音楽の話ではない)。 まずはhideのソロ。 この時点でX本体よりもhideのソロワークの方が興味大だった。 個人的にはアルバム「PSYENCE」が一番好き。 Zilchも聴いた。 GASTUNK(GASTANK)。この時点でとっくに解散して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第6回)

6.大学院時代(’92~’93年頃) まずはdie in cries。「LOVE SONG」のPV観たのがきっかけだった。 そこからkyo繋がりでD'ERLANGERに戻り、kyoのソロも聴き、再結成後のD'ERLANGERは今も聴いている。 更にyukihiro繋がりでZI:KILLもこの頃聴き始める。 LUNA SE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第5回)

5.大学時代後半(’90~’91年頃) Xを聴くようになった頃からしばらくの間、音楽雑誌をよく読んでいた。中でもロッキンf(以下「ロクf」と表記)は一時期購読していた。 当時のロクfはソノシートが付録についていた。今ではDVD付の雑誌がフツーにあるのだけれども、当時はこれでもやるなー、とか思ったものだ。 そのロクfソノシートを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第4回)

4.大学時代前半(’88~’89年頃) 部屋にCDラジカセが導入されたのが’88年夏頃だった。 その時点でCDソフトは聖飢魔IIとオレンジロードしかなかったのでそれら+中島みゆきのカセットテープばかり聴いていた。 大学1年目はかなりカツカツの生活をしていた(最低限どれくらいあれば生活できるか見極めたかったので)ため、新規開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第3回)

3.高校時代後半(’86~’87年頃) 聖飢魔II、である。 きっかけは友人の勧め(というかゴリ押し)だった。「とにかく聴いてみぃ」とテープ3本を渡された。 当時の私には新鮮であった。中でも第三教典「地獄より愛をこめて」が特に気に入った。そしてものの見事にどっぷりとハマることになる。 早速その時点で発布されていた大教典小教典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第2回)

2.高校時代前半(’85~’86年頃) まずは脱・歌謡曲。 高校入った年から、歌番組というよりTV自体をほとんど観なくなった。何故そうなったのか、というのは音楽鑑賞と直接関係ないところにあるのでここでは割愛。 でもラジオは聴いていたし、歌謡曲完全シャットアウトということでもなかったが。 この時期どっぷりハマったのは中島み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽鑑賞と私(第1回)

日々平凡に暮らしているためなかなか書く事がない。なのでしばらく封印していた「○○と私」を引っ張り出す。 要はどういうのを聴いてきて今に至るかを書いてくだけなのだが。 長くなるので不定期連載(?)ということで。 1. ~中学時代 もう少し細かく分けてもよかったのだが、この時期まではTVの音楽番組がほぼすべてなので細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANIMETAL USA 聴いた

早速買って聴いた。 うん、結構オモロイ。 …音楽(しかもメタル)を聴いた感想として「オモロイ」というのは表現間違ってるのかもしれんけど、でも率直な感想だ。 注目したのは歌詞。当然英語なのだが、歌詞カード見る限りちゃんと訳されている。大半の曲はほぼ直訳と言っていい。なのでそれとわかる部分ではちょっと笑ってしまう。 訳してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANIMETAL USA

なんてモノが存在することをさっき知った。 勿論、本家ANIMETALとは別物である。 http://www.animetalusa.jp/ メンバーには洋楽に明るくない私でも知ってる名前が並んでるぞ。しかもアレンジはマーティー・フリードマンだとか。 既にひと月近く前に出てるのだな。早く買って聴かなければ。近場にあるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5代目

ギター購入。 自分への誕生日プレゼントという名目で(誕生日はもうちょっと先だが)。余談だが今日はウチの父親の誕生日だった。 そもそも4代目(昨年11月だったかな?購入)は何も考えずにハードオフでえいやっと買ったもので長く使う気は全くなく、次はいつ何を買おうかとここのところずっと画策していたのだった。 まずは4代目について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔話 CD編

この前CDの寿命云々の話書いてから、概ね20年以上前に買ったCDばかり聴いている。まぁなんとなく、なんだけど。 ウチで一番古いCD…聖飢魔IIの第2~4教典と某アニメ(敢えてタイトルは伏せる…まぁ私を知ってる者ならわかるよな)のアルバム数枚。これらは高校時代に買ったものだ。ちなみに聖飢魔IIの第1教典は当時まだCD化されてなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDの寿命?

CD(コンパクト・ディスク)の寿命は15年だとか20年だとかいう話を随分前に聞いた気がしてから久しいのだが。 実際、ウチには20年を明らかに超えてるモノもあるが、フツーに聴ける。聴いてわかるほど劣化してる風でもない。 実際のところどーなんだろうか。 あーいや、TAIJI追悼というわけでもない…こともないのだが、久しぶりにXの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAIJI死去

ということである。記事はそこかしこにあると思うのでリンクはしませんが。 TAIJI在籍時のX好き(TAIJIが好きだったわけではないが…)としてはスルーするわけにはいかんので。 でもなんかよくわからん…わからんことだらけではあるのだが、中でも自殺を図った理由(動機)がわからん。飛行機で暴れて訴追されたくらいで首つるかなぁ。ちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギターその後

ここでも書いたが、ギターを買ったのが半年くらい前…もうちょっと前か。それ以前、一人暮らし時代にも持っていたのだがロクに弾いてはなかった。 今はなんだかんだ言いながらも、ほぼ毎日短時間でも鳴らしている。 以前にも書いたとおり、聴き覚えのあるフレーズをテキトーに鳴らして悦に入る、ということをやっているわけだが、もうちょっとちゃんとやろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーチ・エネミー

またまたARCH ENEMYである。 連休中にようやくアルバムが揃ったと思ったら、先週新譜が来た。 3回くらい聴いたが、まだ判断しづらいなー。バラエティには富んでいるように思う。であるが故に判断がムズイのだが。 私の場合、ARCH ENEMYの入り口が例のセルフカヴァーアルバムであるが故か、楽曲としては初期の方が好きなのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2の目的

先週の上京の目的其の壱はもちろんフクアリ。 では其の弐はと言うと、県内で入手出来なかったARCH ENEMYのアルバムを揃えることであった。 上京した日に渋谷タワレコ、新宿タワレコ、更に新宿ユニオンメタル館とハシゴして無事購入。 1stがなかなか見つからなくて苦労した…のだが、結果的には廻る順番を間違えたな。いきなりユニオンメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーちゃん

今更ながら、一応触れておきましょうか。 私は所謂「キャンディーズ世代」ではない。全盛期は小学校低学年である。 ただし、ベスト盤らしきCDは持ってるしわりと聴いている。買ったのは7~8年前かな。「微笑がえし」「わな」あたりが好きだ。 ちなみに3人の中では、私はランさんが好きだったんだが、それは置いといて。 スーさんは(スー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もっとARCH ENEMY

いいタイトルが思いつかない。 えーっと、2nd「STIGMATA」を先日松山のブックオフにて入手。前ヴォーカル期の音源をやっと初めて聴いた。 なるほど…好みもあるんだろうけど、アンジェラの方がパワーを感じるし、華もある。 でも曲(あるいは演奏、特にギター)はいい。 名作と誉れ高い3rdを早く聴きたいのだが。まぁ何曲かは既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更にARCH ENEMY

先々週末、先週末と近隣のCD屋を駆けずりまわりARCH ENEMYのアルバムを探し廻った結果、4th、6th、7thおよびライヴ盤(LIVE IN JAPAN)のみ発見、購入に至った。 6th、7thはわりとどこにでもあったけど、4thは中古屋で、ライヴ盤は電器屋のソフトコーナーで発見。ほかは影もカタチもなし。 たぶん県内には売って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARCH ENEMY

日本語表記だとアーク・エネミー。私には珍しく、洋楽さんだ。 随分(7~8年)前から名前は聞いてて興味は持っていたものの、全く聴く機会がなかった…というか、一歩踏み出せなかった。 きっかけは去年リリースされたSyuクンのソロアルバム。カヴァーアルバムなのだが、その中にARCH ENEMYの曲があって、それが結構気に入って。 とは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1000カーニバル / Gargoyle (DVD)

Gargoyle通算1000本記念ライヴを収録したDVD。 既に1年以上前のライヴだし、DVD化されたのはいつだかわからんが私が購入したのが…いつだったかな。半年くらい前のような気がする。 先日やっと観た。動くGargoyleを観るのは宇都宮のライヴ以来。約7年ぶりか。 基本的には演奏を聴ければいい人なのだが(だからこの手のD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more