2018 J2第40節 京都-愛媛 @西京極

DAZN観戦。今治に続け。

スタメン

神谷     有田     吉田

野澤  近藤

田中

前野   西岡   安藤   小池

岡本

4-3-3。前回この形で入ったときと同じ顔ぶれ…だったよな。

結果
京都 0-1 愛媛

得点
9分 有田光希(愛媛)

最初押し込まれた後、いい時間帯に先制。
ロングフィードを吉田が収めてペナに侵入、中央にクロスを入れて有田ヘッド。
その後しばらく愛媛ペースも追加点は奪えず。
後半は京都に押し込まれっぱなし。
たまにカウンターから決定機を得るもゴールに至らず。
24本ものシュートを打たれながらも岡本中心に守りきってクリーンシート達成。

両チーム合わせて1点しか入ってないのが信じられんくらいお互い惜しいシーンの連続。
精度が足りなかったり、ファインセーブ連発だったり。
そういう意味で観てて面白い試合だったかと。

本日の結果をもって、現在の18位以上でのフィニッシュが確定。


次節はホーム最終戦。
昇格はないが優勝を狙う町田相手に、川井体制1年目の集大成を。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック