2018 J2第39節 愛媛-東京V @ニンスタ

寒い。
この時期17時キックオフということでそれなりの格好をして行ったのだが、まだ足りなかったようだ。
真冬並みの格好でよかったかも。

スタメン

吉田
神谷              近藤

丹羽    野澤  田中    小池

前野   西岡   安藤

岡本

今日はいつもの3-4-2-1。
川井体制になってからしおんはサイド起用が多いな。

結果
愛媛 2-2 東京V

得点
31分 神谷優太(愛媛)
35分 泉澤仁(東京)
45+1分 アラン ピニェイロ(東京)
67分 小池純輝(愛媛)

失点シーンは2点とも泉澤に振り切られたのが全て。あそこの対応はなんとかせねば。
一方の得点は、先制点はオウンゴール臭かった(シュートが相手DFの頭に当たって入った)が神谷のゴールということになったようだ。
同点ゴールはしびれた。左サイド神谷からのクロスをエーコさんが収めてかわしてズドン。

良いサッカーやってる。いや、できてないけどやろうとしてる。で、時々できてる。そんな感じ。
いろいろ精度が低くてうまくいかないことが多いけど、観ててワクワクするゲームではあった。
上位ヴェルディにあのサッカーで挑んでの勝ち点1は十分価値がある。

今日の結果をもって、J2残留が確定。6月までのことを思うと感涙モノだ。よーやった。


次節はアウェイ、京都戦。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック