2018 J2第28節 愛媛-大宮 @ニンスタ

雨の心配もあったのだが、数時間前に少し降っただけだった。
微妙に降った分、蒸し暑い。試合が始まる頃には風が出てきてそこそこ快適。

スタメン

藤本
神谷              近藤

玉林    野澤  田中    小池

前野   西岡   安藤

岡本

グレさんが累積で出場停止。変わって左に玉林。
最終ライン右にはアンちゃんが入る。あとは前節と同じ。
…という訳で、神谷くんは今日はまだいた。次節からは本当にいない。

結果
愛媛 1-5 大宮

得点
12分 神谷優太(愛媛)
45+2分 マテウス(大宮)
49分(PK) 69分 84分 大前元紀(大宮)
68分 富山貴光(大宮)

序盤押し込まれながらも早い時間に幸先よく先制。
前半終了間際ラストプレーで追いつかれる。
後半早々にPK献上&一発レッド退場。PKを決められ事実上試合は終わった。
その後も主にカウンターから失点を重ね、今季最多の5失点大敗。

前半終了間際まではいい内容だっただけに、そこはちょっと残念。

今日のポイントは2つ。
前半リードして折り返せなかったこと。そして数的不利かつリードを許す展開になったこと。

前半最後の失点自体は、エーコさんが振り切られた時点でほぼアウト。あとは外してくれるのを祈るだけ。
あの失点そのものもさることながら、それまでに2点目が奪えなかったことも問題。シュートは少なかったがその手前までは何度もいい形ができたのだが。

後半の失点は、PK含めて仕方なし。
個の力の差がありすぎる上に数的不利、それでも前に行かざるを得ない展開な訳で、カウンター食らうのは仕方がない。1-2だろうが1-5だろうが一緒。
むしろ一頃のように「負けてるのに全く前に行かないサッカー」されるよりはずっとマシだ。そこは評価。

これくらいバッサリやられたほうが切り替えやすいだろ。


次節はアウェイ、甲府戦。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック