2018 J2第25節 大分-愛媛 @大銀ドーム

比較的近場とはいえ、平日では遠征は無理。DAZN観戦。

スタメン

神谷
野澤              近藤

小暮    安藤  田中    玉林

前野   西岡   林堂

岡本

画面を通して観たのではシステムが良くわからん。
少なくとも点取ってからはこの形に見えたが、どうか。

結果
大分 0-1 愛媛

得点
36分 神谷(愛媛)

本当に数少ないチャンスをものにするとか、終盤のサンドバッグっぷりとか、徳島戦と同じような感じ。
唯一違ったのは得点の時間帯。リードしてる時間が長いぶん胃の痛い時間が続いたというか。
その得点はショートカウンターから。貴司がドリブルでペナルティエリアに侵入、マイナスのパスに飛び込んだ神谷がなんとか合わせた。前半唯一のシュート。というか前後半通じてもシュートは2本だったと思うが。まさにワンチャンス。

今日は得点シーンもさることながら、岡本のビッグセーブ連発に尽きる。
前半のPKストップはもちろん、終盤のサンドバッグ状態でも。
試合後脚痛そうだったのが気になるが。

4連勝。よくここまで盛り返したな。5月ころからは想像もつかん。
結果優先の割り切ったサッカーができてるという印象。
実際この4連勝中でも、観てて面白かったのは岡山戦(の途中まで)だけ。でもそれでいい。
冒険するのは残留確定してからで。


次節もアウェイ、水戸戦。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック