2018 J2第22節 岐阜-愛媛 @長良川

直前まで大雨特別警報が出てて本当にやるのかなーという感じだったのだけど、実際には天気は回復していた。
無事開催。DAZN観戦。

スタメン

上原
丹羽              近藤

玉林    野澤  田中    小暮

前野   西岡   林堂

岡本

上原は久しぶりのスタメン。
玉林と前野はどっちがサイドやんのかなーと思ったがこの形だった。

結果
岐阜 1-2 愛媛

得点
10分 阿部(岐阜)
61分 前野(愛媛)
70分 有田(愛媛)

早い時間にCKから失点。
また10分で終わったかなと思ったが、今日は終わらなかった。
先制されたあと相手ペースになるといういつものパターンだったのだが、30分過ぎあたりから愛媛がリズムを掴む時間帯も出てきて、でも得点には至らず0-1で折り返し。
後半は前半に比べ前からボールを奪いに行くように。
相手のパスミスを拾った前野のミドルで同点。
更に相手裏に抜けた有田がロングフィードを拾ってエリアに侵入、GKとの1対1を制す。

ここに来てようやくの今季初複数得点。逆転勝利ももちろん初。
2点ともいいゴールだった。
ただあの失点はいただけないが。

前回のホーム戦では好きなようにやられたが、今回は(いい時の)岐阜らしさは出させなかったと思う。


次節はホーム、徳島戦。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック