2018 J2第21節 大宮-愛媛 @NACK5

DAZN観戦。
画面を通しても雷光が。でも最後まで大丈夫だったっぽい。

スタメン

有田
河原              近藤

丹羽    野澤  田中    小暮

前野   西岡   林堂

岡本

途中まで、特に前半はほとんどの時間帯で4-4-2のようだった(有田河原の2トップ、グレさんが右SB)が、最終的にこの形に落ち着いたのでいつもの表記で。
有田はスタメン久しぶり。

結果
大宮 1-1 愛媛

得点
31分 大前(大宮)
37分 近藤(愛媛)

前半押し気味だった中ファーストチャンスをあっさり決められ失点。
ただいつもと違って割とすぐ追いつくことに成功。林堂からのロングフィードを貴司が受けて中央に持ち込みゴール右端へ。
後半は大宮が立て直した分優位に進めたとは言い難いが一方的にやられた感もなく、お互い決めきれず。

アウェイで点取ってドローなら良しとせざるを得まい。
どっちかというと大宮にはダメージのあるドローに違いない。

讃岐は連勝、京都もドローで相変わらず最下位。
21戦13得点。複数得点未だなし。寂しいのう。


次節もアウェイ、岐阜戦。
ホームではボコられた。なんとしてもやり返すのじゃー。とはいえ難しいなー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック